リナロ、そしてキナリな時間

atelier13.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 10 )   > この月の画像一覧

花のエネルギーと魂の変容~FESフラワーエッセンス中級講座開催しました。

先週末7月25日~26日、
FESフラワーエッセンス中級講座を開催しました。
c0190527_122031100.jpg

c0190527_12183141.jpg



フラワーエッセンスってなに?
なぜ、フラワーエッセンス?という方は、
こちらの記事をご覧下さい。


2008年11月、2009年3月と開催した、
初級集中講座の次のレベルの講座です。

フラワーエッセンス普及協会(AFEEJ)代表の河村三十世さんの講座は 
今回もまた、かなり濃い内容のものでした。
c0190527_12131365.jpg


パーソナルな時間の河村さんと
講座中の河村さんのエネルギーがどんどん変化していくのも面白い!


初級講座では、
フラワーエッセンスの基礎埋論にはじまり、
FESの特徴でもあるアルケミー、アーキタイプ、タイプレメディ、
魂の変容の4段階、気づきの危機の過ごし方などを学びます。
自分や身近な人のためにフラワーエッセンスが使えるようになることを目的として、
魂の療法としてのフラワーエッセンスを学びます。

中級講座は、
より深いレベルでのエッセンスとの関わりかたを学びます。
FESフラワーエッセンス療法の根源にある
人間の人生における魂の成長過程を描いたメタフローラシステムの基本概念を理解し、
「アルケミーとしてのフラワーエッセンス療法」
を実践するきっかけを創っていきます。



「スローマクロビオティックスクール」には、
より自分らしく生きるためのツールとして、
「マクロビオティック」を「アルケミー」として提案するという
基本概念があります。

同じアルケミーの概念が根っこあるものは、
すべて自分のなかでスッーと繋がっていく。
私自身、今回のFES中級講座は、
あらためて、自分の魂の変容のプロセスのなかで、
今、どのステージにいるのかが明確になるものでした。

自然界の一部である、自分を理解(感じる)するとき、
大きなものに包まれている安心感が生まれます。
そしてそれは、
自分自身にたいする愛(信頼)へと繋がり、
周りへの大きな感謝へと繋がっていく。



今回FES中級講座の参加メンバーたちの熱い声から、
より植物のエネルギーと繋がり、自分と繋がるために
LINALOで定期的に勉強会&交流会をすることになりました。

シェアリングやサポートや情報交換を
定期的にする日を作っていきます。

これまでの初級参加者や、
興味がある方、
これからの参加を考えていらっしゃる方、
(次回FES初級集中講座は11月28日~29日です)


どなたでもご自由にご参加ください。

参加は無料です。


まずは1回目、
8月23日(日)14:00~16:00
LINALO「キッチンアトリエ13スペース」にて。

今回の中級参加者は、
「コンビネーションボトル」を作ります。

c0190527_12142114.jpg




次回からの勉強会の情報は、
【mixi】LINALO コミュニティにアップしていきますので、
興味のあるかたは、チェックしてみてくださいね。
[PR]
by atelier13 | 2009-07-29 12:30 | フラワーエッセンス

ベーシック・新クラス追加します。

スローマクロビオティックスクールのベーシックコースに
9月開講の新クラスを2つ作りました。

ゆっくり進んでいく、平日の昼の月1回のコース。
『ゆっくり昼のクラス』
時間は、10:30~13:30 の3時間。
小さなお子さまがいらっしゃる方のお迎えの時間に間に合うように
開始時間を少し早くしました。

もうひとつは、
『平日集中クラス』
土日が休みではない方や、平日に集中して取り組む方への
1日で2回分履修する月1回のコースです。


最近、自分の方向性がますます明確になって来ています。
子どもや子育て中のママさんたちへ何か出来ないだろうかという思い。
そして、自分のライフスタイルを自分がクリエイトするための提案。

今まで、夕方から夜のクラスもたくさん展開してきたけれど、
それも少しずつ変化させていきます。
自然界のエネルギーの変化に合わせる生き方は、
やっぱりココロもカラダも安定してくる。

今、自分自身がそれを痛烈に感じていて、
それにそった生き方をしたいとカラダもココロも叫んでいる感じがするのです。

三日三晩、お日様とお月様のエネルギーをあてる梅干しと同じに、
バランスよく自然界のエネルギーを感じていたい。
私自身がいい状態で、みなさんと繋がる。
それをなにより大切にするために、
定期講座は昼間の講座に移行させていきます。

ゆっくり、私らしく。
出来ることから少しずつ!



ベーシックコース・新クラス日程は、
9/1開講 平日昼ゆっくりクラス(月1回)
9/2開講 平日集中クラス(月1回)


●新・ゆっくり昼のクラス(月1回) 10:30~13:30 
【前期】9月1日、10月6日、11月10日、12月1日、1月12日、
     2月2日
【後期】3月2日、4月13日、5月11日、6月1日、7月6日、8月3日
●新・平日集中クラス 11:00~14:00 ・15:30~18:30の2回
【前期】9月2日、10月7日、11月4日
【後期】12月2日、1月6日、2月3日

定員は、各クラス10名
受講料は、半期分ごと(前期・後期) 各25,200円です。
他のお支払方法については、お気軽にお問い合わせください。

カリキュラム等の詳細は、この記事をご覧ください。
PDFは、新クラスの日程が載っていませんが、
カリキュラムなどは同じです。


お申込みはこちら


ナチュラルスイーツのコースも10月から昼間のコースを作ります。
こちらは、また後日。
[PR]
by atelier13 | 2009-07-23 08:16 | マクロビオティック

梅干し作りワークショップ報告!

c0190527_9112688.jpg

季節の自然界の恵みと、
じっくり熟成するのを待つ楽しみ。
共有しながら繋いでいく。

そんな思いで開催している梅干し作りワークショップ
今年も賑やかに仕込みました!



午前の部は、
子どもたちがいっぱいのワイワイたのしい時間。

丁寧にならべる。
c0190527_8564384.jpg

ボクも頑張る。
c0190527_857399.jpg

いい感じ。
c0190527_8572352.jpg



午後の部は、
ゆったりと楽しむ大人たち(?)の時間。(笑)
c0190527_927364.jpg


選別、計量。
c0190527_9642.jpg

つやつや。
c0190527_971097.jpg

優しく洗う。
c0190527_972774.jpg

仕込みです。
c0190527_9321713.jpg

c0190527_995893.jpg

ガラスの瓶も素敵!
c0190527_911912.jpg

今日はここまで。
大切に包んで、連れて帰る。
c0190527_9345293.jpg

去年の梅干し、試食してみる?
c0190527_9374278.jpg




もうそろそろ、水が上がったころ。
いい香りの白梅酢になっているでしょ?

今週は赤紫蘇が届きます。
赤紫蘇をもんで重ね入れて、暑くなる日まで漬け込んだら、
お天気がいい日を待って、いよいよ干しましょう!
お日様(陽)とお月様(陰)のエネルギーをたっぷり入れてね。




ワークショップが終った夕方、
娘たちに送る梅干しとジャムを仕込んで、
梅のいい香りに包まれた幸せな一日は終ったのでした。
c0190527_9353196.jpg

[PR]
by atelier13 | 2009-07-19 09:58 | 今までのイベント・WS

久しぶりに酵母。

中医薬膳の講座の後、
気になっていた恵比寿の「COBO Staudio」を訪れました。

白が基調のすっきり洗練された空間に大切にライトアップされた酵母たち。
カウンターには、米×野生酵母のビンと「乳COBO88パン」が並べられ、
そのとなりには、かわいいトマトの酵母がプクプクしていました。
c0190527_21552540.jpg


ウエダ家オリジナル「乳COBO88」は、
完全無農薬米の山形おきたま米+野生米麹+超低分子水で起こした酵母。
乳酸菌のはたらきを引き出した酵母だそうです。

試食させてもらったパンは、
はるゆたかブレンド+海の精+乳COBO88だけで作ったパン。
深い甘い味です。

10年ほど前、
ホシノ酵母とはるゆたか100%で作る食パンにはまり、
3年通った天然酵母のパン教室で毎回焼いたパンの味を思い出すような
小麦粉の甘さと米酵母特有の風味が生きたパン。
美味しく、しっかりと「気」が満ちている味でした。
シンプルな材料で作るからこそわかるパワーのある味。

ウエダ家のことを知ったのは、5年くらい前。
自然な材料で起こす酵母に興味を持った時に購入した本の中の何冊かがウエダ家の著書でした。
その頃は、まだ酵母生活のネットワークを広める活動と研究をされている頃で、
本も素朴な感じでした。
c0190527_22104286.jpg

本棚からひっぱりだして開くと、あの頃の自分がタイムスリップして。

「COBO Staudio」でうかがうと、
この本はもう絶版になっているとのこと。

私の昔のブログの最後の記事にこんなこと書いた日付は2005.6.23。
ちょうど4年前。

その年、9月にお店をオープンすることになり、
怒濤のような流れのなか、
自分のためにゆっくりと酵母を起こしたり、
パンを焼いたりすることがなくなっていたこの4年間。

ウエダ家はこうしてまっすぐに進化を続けていたんだなぁ。

この素敵な空間と光を放つ酵母たちのビンを見て、
今、自分の深いところで感じる思いを大切にするため、
軌道修正をしている私の内部で何かのスイッチが入ったのでした。

そうだ、またパンを焼こう。
「野生酵母」を起こしてみよう。
シンプルに、パンを楽しもう。
ワクワクがプクプクと発酵を始めた日。
[PR]
by atelier13 | 2009-07-16 22:34 | 日々のこと

ナチュラルキッズキッチンONEDAYレッスン・7月。

ONEDAY『子どもと作るナチュラルクッキングレッスン・7月』
を開催しました。
テーマはやっぱり『七夕』!!

爽やかな笹の気に包まれて、
夏野菜いっぱいの七夕メニュー。
c0190527_106216.jpg


今日のメンバーは2歳~9歳。
最初に包丁の使い方や注意することを説明します。
さぁ、下ごしらえです。

まずは、トウモロコシの皮をむき、
トマトのヘタをとりましょう。
c0190527_10141469.jpg

c0190527_10155529.jpg

次は、いよいよ包丁を使います。
真剣です。
c0190527_10175797.jpg

c0190527_10181645.jpg
c0190527_10183060.jpg
c0190527_10201136.jpg
c0190527_10203152.jpg

野菜のお星さまがいっぱいできました。
c0190527_10223377.jpg
c0190527_1022504.jpg

星くず入りのご飯を炊きます。
お米を洗ってもちキビとトウモロコシを入れ、お水を計って入れます。
間違えないように、みんなで数えましょう。
c0190527_1027439.jpg

c0190527_10295113.jpg

次は、ところてんで作る天の川の準備です。
水に浸してやわらかくなった寒天をぎゅっと絞って小さくちぎります。
c0190527_10313933.jpg

よく溶かして、型に流し込んで冷やします。
c0190527_10323239.jpg

c0190527_10331285.jpg

次は、スープを仕込みましょう。
切った夏野菜を少し炒めて、ほんのりカレーの風味入れましょう。
「おいしくなあれ」の呪文のお塩とお水を入れて後は火におまかせします。
c0190527_10374437.jpg
c0190527_1038751.jpg

つけあわせの、モミモミサラダを作りましょう。
キャベツは手でちぎります。
ほんの少しのお塩を入れて、モミモミ。
c0190527_10405969.jpg

c0190527_10415540.jpg

そろそろ「ところてん」できたかな~?
c0190527_10443435.jpg

ところてんの「天の川」にのせるメロンを丸くくり抜きます。
c0190527_10465261.jpg


ごはんが炊けるまでちょっと休憩タイム。
短冊に願い事を書いて飾りましょ♪
c0190527_10512754.jpg

c0190527_1052411.jpg
c0190527_10522629.jpg
c0190527_10524622.jpg
c0190527_1053514.jpg
c0190527_10532594.jpg


ごはんが炊けました☆
クッキング再開!
c0190527_10545324.jpg

さぁ、もうひとガンバリ。
いよいよ盛り付けです。
お待ちかね、ところてんを押し出して、天の川を作って、
五色のお豆をのせて、メロンとミントをトッピング。
甘みはお好みでかけようね。
c0190527_10584974.jpg
c0190527_10591618.jpg
c0190527_1101739.jpg

ごはんは星の形に抜きましょう。
c0190527_1111865.jpg
c0190527_1113354.jpg

笹もトッピング。
c0190527_1124020.jpg

できました!!
c0190527_1142720.jpg

テーブルもセッティングしましょう。
c0190527_1163950.jpg


では、すべてに感謝して。。
いただきま~す。
c0190527_1191824.jpg


みんな、頑張ったね!
願いごと、ちゃんと天に届きますように。。
c0190527_11105865.jpg



☆詳しいレッスンの様子はリナロのフォトギャラリーでご覧下さい。




8月のナチュラルキッズキッチンは、
クッキングは8月2日(日)
夏のおやつレッスンは8月9日(日)です。

詳細、お申込みはこちらから。
[PR]
by atelier13 | 2009-07-13 11:13 | キッズ

カラダの外にでた物は「血」とはいわない?!

「血(けつ)」は身体の中で「気」が一緒になってはじめて血液としてとらえる。
外にでたとたんに、「気」は拡散して離れてしまう。(離経之血)
身体の外に出たものは「血」ではない。(死血)
気の力によって「血」は存在する。(血為気之母)

・・・輸血してまた身体に入れると身体の中で「気」がまたやどり、
「血」として蘇る・・

ほぉ~

おもしろすぎる小金井先生の中医学の授業。
今日は、「気・血・津液」について。

無形である「気」の概念は、
東洋の哲学や医学ではメインになる部分でもある。
万物すべてに「気」が宿るという考えのなかに生きてきた東洋の人たちには、
感覚で理解することはむずかしくないけれど、
それを、言葉で表現する難しさはいつも感じているところでもあり。

「心気・肝気・腎気・・・・・」と、
臓象学説のところでももちろんでてくる「気」ではあるけれど、
「気」そのものの概念をどうとらえていくのか。

中医学では、有形のものを動かし、管理するのは「気」であると考える。
たとえば、
「血(けつ)」の流れが正常であることは、「心気」が正常に動いているととらえる。
これは、
「心気」が弱れば「血」を送り出せなくなるし、
「血」が流れなくなれば、「心気」が正常であっても流れない。
というように「血液」そのものを部分でとらえることはない。

有形のものと無形のものの相関関係を全体としてとらえていく。

有機的全体思考。

中医理論においてのもっとも基本的な考え方は、
まず、全体を認識する立場に立ち、そして個々の関連性を思考する。
人体自体をひとつの統一体として見なし、内部個々の関連性を考慮し、その上で、
自然界との対応を認識していく。

人体は、各組織器官から成り立っているけれど、それらはバラバラに機能しているのではなく、
相互の関連性の上に成り立ち、相対的均衡性をもちながら全体的調和を保っているということ。

個としての統一体は、内部矛盾の上に成り立つ個としての統一体であり、
すべては、バランスなのだ。

これは、生き方(在り方)そのものの哲学につながる。


これを具体的に紐解いていく講義。
ぐんぐん引き込まれていくうち、あっという間に終ってしまうから、
時間、たりな~い!!
と後ろ髪引かれつつ、とんぼ返りで今回も帰路へつくのでした。



毎回、メインの講義の内容以外のところでハッとするような言葉をもらう。

前回の講義の時に先生のエピソードの話しのからでた言葉。
「すべては直感できめる。上(天)にあげとけば答えがくる」

自分に向けて話して下さったのかと思うほど、
その時の私の心の深いところに入った。

そう、すべては自分を信じ、流れのままに。
[PR]
by atelier13 | 2009-07-09 08:29 | 日々のこと

河北新報、朝刊に。

河北新報7月6日の朝刊、
『「好き!」を貫く女たち』に紹介していただきました。

「思い」だけ先行しては、
前のめり気味に走って転んで、また起きる(笑)
こんな私を見つけて下さって、
本当にありがとうございます。

ある意味、これは、
私なりに『「好き!」を貫いて来た』ということなんだと
あらためて、時間の流れを見つめるきっかけになりました。
そして、思いがけず「思いの棚卸し」ができたように思います。



会津の田舎で育った私の小さいころ。

日本の生活の道具や器はみんな木や自然のもので出来ていて、
暮らしそのものが確かに自然のリズムと同じ速度で流れていました。

今あの頃の器や道具たちは、
もう使われることなく実家の蔵の奥にしまわれています。


c0190527_19334397.jpg
ひいばぁちゃんのこね鉢



最近、本当の豊かさの意味をよく考えるようになりました。


暮らしも食もまったく変わってしまった今の日々の暮らしのなかで
ふっとした瞬間によみがえる昔の台所の風景や母の姿。

母が湯気の上がったもち米を運んできて、
祖父と父が杵と臼で餅つきをし、
祖母が掛け声をかけながら餅を返していた
お正月が近い朝の風景。

向田邦子の世界にいるような心がほわっとなる思い出。
時の玉手箱のようです。

昔は、お祝いも仏事も人が集まるときには2間続きの座敷を開け放し
母が何日も前から仕込んで準備をしていた料理がお膳に並べられました。

土間がある台所ではいくつも大きな鍋が並び、活気づいていて
幼心にもワクワクしたのを覚えています。
今思えば母は相当大変だったのだろうけれど。

女は台所にいるのものと言われ、ずっと母の傍にくっついていた私。
特に教わったわけではないけれど、
母のしてたことはやっぱりカラダやココロが覚えていて、
伝えていかなきゃって思います。

日本人の血に流れる感受性の素晴らしさを忘れないために。

やっぱりこれが私の原点。
あらためて感じた今回の取材でした。


昨日、今日とたくさんの方にお問い合わせをいただいて、
びっくりしながらも、とても嬉しい時間と大きな力をいただきました。
ご連絡下さったみなさま、本当にありがとうございました。


記事のなかで書いていただいたニシンの山椒漬け。
食べ物の記憶は、小さい頃の自分と繋がって、胸がキュンとなります。
子どもたちみんなに、そういう記憶を繋いでいきたい。

c0190527_1931028.jpg

[PR]
by atelier13 | 2009-07-07 19:17 | 日々のこと

ベーシックコース、始まります!

スローマクロビオティックスクールatLINALO
ベーシックコース、始まります!

c0190527_2244165.jpg

c0190527_22274466.jpg


ベーシックコースのテーマは、
素材を感じ、自分を感じること。


頭で理解することより、
カラダやココロが感じていくことを大切にするカリキュラムです。

無意識に食べているもので受けている影響を知ることは、
なりたい自分になるために食べるものを選ぶ可能性を知ることにもなる。
これこそ、マクロビオティックの醍醐味。

そして、
東洋哲学がベースにあるマクロビオティックの考え方を知り、
それを自分がイキイキと輝くためのツールとしての
誰とも違う自分のマクロビに出会う扉を見つけていく。


前期6回は、
陰陽の考え方や火や調理法でのエネルギーの違いなど
基本的なことを学びます。

マクロビオティックの言葉の意味や考え方、
そしてそれが本当に目指しているものの本質を知り、
なぜ、生き方のツールになっていくのかをお伝えするレクチャー&実習の講座。


マクロビをするために生きるのではなく
自分が自分らしく生きるためのツールとしてのマクロビオティックであるということを知る。

それをしっかり根っこにもってないと
何を食べなきゃいけないとか食べちゃいけないとか、
玄米食べないからマクロビオティックを実践できてないとか、
そんな否定ばかりのマクロビオティック(自分で勝手につくり出した)
に翻弄され本質からどんどん離れていってしまう。


すべては自由であり、食べてはいけないものなど何一つなく、
大切なのは自分の選択と判断によるシフトであることを
理解するためのレッスン。


後期6回は、
調味料についてひとつずつ掘り下げていくレッスン。

塩、味噌、醤油。
日本の昔からある豊かな味の調味料たち。

シンプルにシンプルに素材のパワーを感じていくマクロビオティックのお料理において
重要な素材たちでもあり、
日本の文化そのものの凝縮でもあるもの。

どんな作り方をして、
どんな歴史があるのかを知ると
今の時代の問題点が見えてくる。

情報が氾濫している今、
自分が選んでいく視点をしっかりと持っていくことの大切さは
自分のココロやカラダを守ることだけではなく、
大切な家族、繋いでいく生命、
そしてこの地球環境を守ることにも繋がっていく。

そんなことをゆっくりゆっくり感じながら、
楽しんで作るレッスンです。


自分の細胞が喜んでる!って感じる美味しさ、
そして、なにより・・・
たのしい!!が生み出す自分のパワーと生命力を感じること。
共有、共感する仲間たちとの出会い。

そんな時間を過ごしてもらえたら、と思っています。

c0190527_2271797.jpg


ベーシックコー案内状(PDF)
ベーシックコースカリキュラムと日程(PDF)

お申込みはこちらから。
[PR]
by atelier13 | 2009-07-05 22:08 | マクロビオティック

カフェ風レッスン・『魔女カフェ』6月のメニュー。

6月24日は、6月の『魔女カフェ』でした。
c0190527_19515626.jpg

夏の気に満ちた一日の陽が沈んだころ、
そろそろ、LINALOの階段を昇ってみんなが集まってくる時間。

さぁ、『魔女カフェ』をはじめましょう!
c0190527_19522565.jpg
6月。大地では、薔薇の花たちが咲き誇ります。
ハーブたちもぐんぐん伸びて、香りを強めます。


夏は「心(しん)」の気が活発になる時期。
薔薇の花は、心臓とハートに効くハーブ。
花のもつセクシャリティなパワーは、ホルモン系のトラブルのケアにも有効です。
まさに、女性にとっては万能ともいえるハーブ。
そして、その強くしっかりと根を張る力は、グランディングのサポートに。

薔薇とハーブたちの香りとパワーで癒されちゃいましょ!

今回は、プチアロマレッスンもプラスして、
香りのスプレーも作りました。



【薔薇とハーブの魔法~植物の癒しの力に身をゆだねる】

Welcomeドリンク!

愛を与え、受け取るためのローズとココロの再起動、ミントの力。
ローズウォーター、5滴。女を上げるおまじない!
c0190527_2041896.jpg

1.愛がはじける魔法~バラとミントのソーダ・ローズウォーター入り
(ローズミントジュレップ)




「健康」「救い」の意味をもつセージ。庭にセージがよく育つ家は繁栄するといわれます。
フレッシュなセージを刻んで入れて貼り付けて蒸す。火の力でパワーもプラス。
c0190527_204587.jpg

2. 繁栄のソバセージ(粒そばとセージのソーセージ風)



若返りのハーブ、ローズマリー。脳細胞が活性化し、感じるココロを取りもどす。
さびないワタシの特効薬!
c0190527_205282.jpg

3. 混乱した頭の中を整理するビスケット(ローズマリーのポテトビスケット)



「勇気」のシンボルタイム。麦の力もプラスして凛々しく困難に立ち向かう!
c0190527_2091158.jpg

4.地に足のついた勇者のスープ(タイムと麦のスープ)




内面から美しく。薔薇のお茶はホルモンバランスを調え、血のめぐりをよくする働きがあります。
ビタミンCたっぷりでお肌もケア。ローズヒップは薔薇の実です。
c0190527_2073942.jpg

5.心とお肌に効く薔薇のお茶(薔薇とハイビスカスとローズヒップのハーブティ)



初夏の魔女レッスン!
リラックスとリフレッシュ、どっちにする?
c0190527_207342.jpg

6. 香りのスプレー作り 




レッスンの様子は、
フォトギャラリーでどうぞ。
c0190527_20561297.jpg


次の魔女カフェは8月7日 11:30~
テーマは、「魔女の夏休み」
お楽しみに!

お申込みはこちらからどうぞ。
[PR]
by atelier13 | 2009-07-01 20:35 | 魔女のレッスンカフェ

ナチュラルスイーツレッスンの募集を開始しました。

c0190527_6401748.jpg


おまたせしました!
ナチュラルスイーツレッスンのコース開講します。


そもそも、仙台にナチュラルスイーツのお店を作りたい!
というところからスタートした私の「今」。

マクロビオテイックを学び始めた頃、
今まで、毎日のようにケーキやスイーツ(もちろん卵やバターや白いお砂糖の)を作っていた私が、
ナチュラルな素材で作る美味しさに驚き、夢中になり、作りまくっていた(食べまくっていた?)時期がありました。

いろいろ作りたくても、その頃の仙台には材料を買えるお店がなく、
まして、ネットやブログなんてまだない頃で、(汗)
ケーキそのものを売るお店なんてもちろんなくて。。

またまた無謀にも、
「ワタシがやらなきゃ誰がやる!」と突っ走って変化して今がありますが、、
その時間の経過で見えてきたものがあります。

甘みのとりかた、素材の持っている力、
本当の意味で食べる人を「幸せにするスイーツ」
そして、自分を責めるような食べ方ではなく、
ココロやカラダに必要な甘みを知り、
自分をケアするための「後ろめたさのないスイーツ」

そんなスイーツを伝えたい!
なにより、簡単、シンプル、オシャレで美味しい!
これも大事。


ナチュラルスイーツレッスンは、
ノンシュガー、ノンミルク、ノンエッグのシンプルなスイーツを作ります。
ナチュラルな素材を紹介しながら
粉・オイル・甘み・固めるなどのテーマでプチ講義&実習のレッスンになります。
毎回、マクロビ味噌汁付き!(なぜかは1回目の時にお話しますね)


素材の味を感じ、それを選ぶ意味を知り、
食べたときの自分のココロとカラダの変化を感じるカリキュラムです。

素材を感じる「ナチュラルスイーツレッスン」コース 全6回 2009年度

* 18:30~21:30 
* 7月21日、28日、8月18日、25日、9月15日、29日
* 定員:10名
* 受講料:6回分 22,800円


(LevelⅠカリキュラム 全6回)
1.イントロダクション
What is ナチュラルスイーツ?
カラダとココロにやさしい素材たち。

2.ホールフードでスイーツ。
全粒粉のパワーを味わう。
シンプルに作る焼き菓子

3.固める素材。
マクロビ的ゼリーの作り方。
マクロビふるふるデザート

4.オイルの違い。
ナチュラルスイーツで使うオイル。
カラダで感じるバターと植物油の違い

5.ノンシュガーの魔法!
ナチュラルな甘さでリラックスしよう。
ココロで感じる甘さの違い
                                         
6.スイーツパーティ!
ナチュラルスイーツでティーパーティ。 
オシャベリとスイーツを思いっきり楽しもう!



お申込みはこちらまで。


フォトギャラリーに6月にスタートした「ナチュラルスイーツレベルⅡ」
季節を楽しむ「マクロビ和菓子と米粉スイーツ」コースの写真アップしました。
このコースのテーマは、
「季節の移ろいをスイーツで感じる。日本の行事を楽しむ」
6月は「紫陽花と米粉のレモンケーキ」を作りました。
[PR]
by atelier13 | 2009-07-01 07:26 | スイーツLesson