リナロ、そしてキナリな時間

atelier13.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ずんだ餅と長なす漬けを作ろう会 by なとり農と自然のがっこう

名取で、セリ農家をしている「三浦タカヒロ」くんは、
知る人ぞ知る!の農の仕事の活動家。
実直で、パワフルで、大好きな青年です。

すごーく、日が迫ってからのお知らせになってしまいましたが、、
今週の土曜日、8月29日(土)
午前9時から 開催される
「ずんだ餅と長なす漬けを作ろう会」のお手伝いをすることになりました。

場所は、
せんだいプチファーム教育ファーム下余田農場
および三浦さんちの作業小屋

詳細は、彼のブログMIXIブログ
をご覧下さい。

参加の申込みは、彼のブログ上からできるようになっています。


そもそも、彼と初めて会ったのは、確か10年くらい前。
彼が、自宅で「なとり農と自然のがっこう」をスタートさせた1回目に参加し、
セリの田んぼに素足で入ってセリを収穫したり、ミョウガタケのムロを見せてもらったり、
なんてこともありました。

私も、試行錯誤しながらいろんな活動やセミナーなどに参加してた頃。
いくところ、いくところには、
いつもなぜかそこに三浦くんがいて。

いつの間にか結婚され、
いつの間にか子どもが増え、、(笑)

LINALOに移ってから、いろいろ相談したいこともあり、
会いたいなぁと思っていたら、仙台駅で「バッタリ」!!
「なんで来たのかわかんなかったのだけど~」って言ってたけれど、
呼んだ?!わたし。。

私の思いを熱く聞いて下さったり、
子どもたちが作っている古代米を分けていただいたり、
笹だんごのWSに参加してくださったり、

そんなこんなで、
今回のイベントのお手伝いが決まったのでした。



これから私がやっていきたいことに、子どもたちに、大人と(もちろん親もふくめて)
過ごす豊かな記憶を創るためのお手伝いをしたい、ということがあります。

忙しい日常は、キッチンでお母さんのお料理を見たり、
手伝ったりする時間が少なくなってしまっている現代。

非日常でもいいから、季節を感じるおやつを作ったり、
準備から片付けまですべて体験する料理体験のなかから
本当の意味の「豊かな時間」を感じてほしい。

それが、大地からであればもっと素敵。


料理は「五感」をすべて活性化し、感受性は、
「楽しい」という感情でより深く豊かに育っていく。
そして、「見守られている」「信頼されている」という安心感が、
より安定した心を育てていく。
非日常であることで、
母親(もちろん父親も)が解放された時間のなかでの楽しみは、
子どものココロの解放にも繋がり、
共有の体験から生まれる温かな会話が生まれる。

そんな素敵な連鎖があったらいいなと思うのです。

美味しいごはんや日本の昔からある素敵なものは、
本当はとても近くにたくさんある。
そして、それは自然でやさしい。
子どもたちに本物を体験させたい。
子どもの体験が親の心の豊かさへのアプローチにもなる。


今月、東京で参加した実践型の食育講座で感じた手応えは、
これからの私が、進む方向を確信するものでした。
それには、せっかく自然の環境に恵まれた仙台であればこそ、
現場との連携が必要になってくる。

またまた、
三浦くんに相談することいっぱいだわ!
[PR]
by atelier13 | 2009-08-26 16:08 | キッズ

やっと梅干し。

やっと、、
梅を干しました~。
c0190527_0505131.jpg


雨続きで、もう立秋も過ぎ、
梅は干せるのだろうか。。と空を見上げる日々。
今年は、9月までのんびりお陽さまを待とうと思っていたところ、
今日は爽やかな青空が!

梅たちもお陽さまの光が嬉しそう。
キラキラ、つやつやです。いい香り。。
c0190527_0582358.jpg



梅干しワークショップに参加されたみなさ~ん!
連れて帰った梅たちは元気ですか~?
みんな、干せたかなぁ。。
ぜひ、近況をお知らせ下さいね。



c0190527_113366.jpg

[PR]
by atelier13 | 2009-08-17 01:16 | 今までのイベント・WS

アドバンスコースの『チャクラカラーでアートクッキング』

スローマクロビオティックスクールのベーシックコースが始まりました。

ベーシック1回目は、いつも準備をしながら、
今回はどんなメンバーとの出会いが待っているのか、
楽しみでもあり、緊張感もあり。

今回、LINALO初体験の参加者のみなさんは、
これからの可能性にワクワクして帰られたかしら?

2回目、またお会いするのが楽しみです。



そして、すでに機動中のアドバンスコース。
今回は、チャクラカラー実習での素晴らしい作品たちをご紹介!

c0190527_16452898.jpg



アドバンスコースのテーマは、「自分を知る」。
自分のペースで自分と向かい合い、自分をクリエイトしていくためのレッスンです。

火のエネルギーを自由に使いこなし、
食材のエネルギーを変化させ、
自分に必要なパワーに変えていく、『なりたい自分になる料理』を学ぶ。

スローマクロビオティックスクールは、
マクロビオティックをアルケミー的なツールとして考えています。

アルケミー(錬金術・れんきんじゅつ、Alchemy)とは、
最も狭義には、化学的手段を用いて非金属から貴金属(特に金)を精錬しようとする試みのことですが、
広義では、金属に限らず様々な物質や、人間の肉体や魂をも対象として、
それらをより完全な存在に錬成する試みを指します。

アドバンスコースのアルケミーやチャクラについてのレッスン。
レクチャーの後の実習では、自分のタマシイをタマネギに見立て、
自分を解放し、より自由になることをイメージして、
季節の野菜の色のパワーとチャクラカラーを感じるアートクッキングをします。

春のクラス、夏のクラスの美味しい作品たち。
みんな違ってみんな素敵!

c0190527_1649186.jpg

c0190527_16492527.jpg

c0190527_16494614.jpg
c0190527_1650379.jpg
c0190527_16502012.jpg
c0190527_165043100.jpg

c0190527_1653686.jpg

c0190527_1658899.jpg

c0190527_16581829.jpg
c0190527_16583170.jpg
c0190527_16584386.jpg
c0190527_16585613.jpg
c0190527_1659737.jpg
c0190527_16592280.jpg


素敵な作品を全部紹介できないのが残念。
これからアドバンスに進まれる方、自分を解放するアートなクッキング、
お楽しみに!!
[PR]
by atelier13 | 2009-08-08 17:21 | マクロビオティック

実践型の食育へ

先週末、スタートしたベーシックコース立ち上げの後、
すぐに東京へ向かいました。
1歳児からの台所育児を提案する坂本廣子先生の
実践型の「食育」のノウハウを学ぶためです。

子どもといっしょの講座を開催する中で見えてくる、現実的な情報やノウハウは、
県に問い合わせても、いろいろな機関で出している情報を見ても
心に響くもの、現場での問題をすくい上げるものはなかなか見つからず、
坂本先生に会いに神戸へ行こう!
そう思っていたところに繋がった情報。
そして、絶妙なタイミング。

8月は、自分への充電の月と決めた時から、
自分の内部も、外側もいろいろなことが大きく動きはじめました。

流れが変わるのは、自分が「やる」ことを決めた時から。
それは何度も体感してきたけれど、
今回もまた動きは速くて大きい。

思った通り、
坂本先生の話しは、一人歩きをしている「食育」という言葉への危機感、
社会的な問題を軽快な関西弁でバッサリと切る小気味よさ。
しっかりと地に足をつけた形で実践してきた実績に裏付けされた力強いものでした。
なにより、エネルギーがすごい。

2日目は、3歳~10歳までの子どもたち20人を見る講座でのいきなりの現場研修。
子どもたちにしっかりと包丁を使わせながら、手を出さず見守るということの難しさ。
一日終ったころには、どんだけ集中してたと思うほどクタクタ。。

今回の講座では、
試行錯誤しながら始めた、私が目指す「体験」が生み出す子どもたちへのサポートへの
現実的なサポートとして大きな力を得た気がしました。
まだまだ、実習は続きますが、
ここで繋がったネットワークはまた私のこれからの宝になりそうです。



おりしも、今日、8月6日は、09:55 に水瓶座で満月。
しかも、半影月食。(日本からは見ることできないけど)

意識や行動は、自分の進むべき方向に。(太陽が獅子座)
月が表す潜在意識の中では改革が起きているという感じらしいです。
今までの制限を突き抜けるかのようなイメージ。

月食や日食は、占星学では、大きな区切りや節目を表し、
この前の7月22日 蟹座の新月 (皆既日食)とダブルで、
ここ半年を振り返り、そして、今後半年をどう過ごすかという
「自分を大きく切り替える」流れが起きているはず。

しかも13の月の暦(マヤ暦)では、7月26日に新年を迎え。。
エネルギーのシフトチェンジをびんびん感じる今日この頃であり。

制限(自分の)を外し、手放す。
そう。。ですよね~やっぱりね。。の状況多し。。(汗)



今回は、中医学の小金井先生の講義も重なり、
時間を有効に生かされた感。
また、こちらも内容濃~いもので。


昨夜遅く戻った仙台は、花火の余韻に賑やかな気にあふれていたけれど、
玄関を入ってからの記憶がないくらいバタンキューな夜でした。。
[PR]
by atelier13 | 2009-08-06 12:39 | 日々のこと