リナロ、そしてキナリな時間

atelier13.exblog.jp
ブログトップ

ずんだ餅と長なす漬けを作ろう会 by なとり農と自然のがっこう

名取で、セリ農家をしている「三浦タカヒロ」くんは、
知る人ぞ知る!の農の仕事の活動家。
実直で、パワフルで、大好きな青年です。

すごーく、日が迫ってからのお知らせになってしまいましたが、、
今週の土曜日、8月29日(土)
午前9時から 開催される
「ずんだ餅と長なす漬けを作ろう会」のお手伝いをすることになりました。

場所は、
せんだいプチファーム教育ファーム下余田農場
および三浦さんちの作業小屋

詳細は、彼のブログMIXIブログ
をご覧下さい。

参加の申込みは、彼のブログ上からできるようになっています。


そもそも、彼と初めて会ったのは、確か10年くらい前。
彼が、自宅で「なとり農と自然のがっこう」をスタートさせた1回目に参加し、
セリの田んぼに素足で入ってセリを収穫したり、ミョウガタケのムロを見せてもらったり、
なんてこともありました。

私も、試行錯誤しながらいろんな活動やセミナーなどに参加してた頃。
いくところ、いくところには、
いつもなぜかそこに三浦くんがいて。

いつの間にか結婚され、
いつの間にか子どもが増え、、(笑)

LINALOに移ってから、いろいろ相談したいこともあり、
会いたいなぁと思っていたら、仙台駅で「バッタリ」!!
「なんで来たのかわかんなかったのだけど~」って言ってたけれど、
呼んだ?!わたし。。

私の思いを熱く聞いて下さったり、
子どもたちが作っている古代米を分けていただいたり、
笹だんごのWSに参加してくださったり、

そんなこんなで、
今回のイベントのお手伝いが決まったのでした。



これから私がやっていきたいことに、子どもたちに、大人と(もちろん親もふくめて)
過ごす豊かな記憶を創るためのお手伝いをしたい、ということがあります。

忙しい日常は、キッチンでお母さんのお料理を見たり、
手伝ったりする時間が少なくなってしまっている現代。

非日常でもいいから、季節を感じるおやつを作ったり、
準備から片付けまですべて体験する料理体験のなかから
本当の意味の「豊かな時間」を感じてほしい。

それが、大地からであればもっと素敵。


料理は「五感」をすべて活性化し、感受性は、
「楽しい」という感情でより深く豊かに育っていく。
そして、「見守られている」「信頼されている」という安心感が、
より安定した心を育てていく。
非日常であることで、
母親(もちろん父親も)が解放された時間のなかでの楽しみは、
子どものココロの解放にも繋がり、
共有の体験から生まれる温かな会話が生まれる。

そんな素敵な連鎖があったらいいなと思うのです。

美味しいごはんや日本の昔からある素敵なものは、
本当はとても近くにたくさんある。
そして、それは自然でやさしい。
子どもたちに本物を体験させたい。
子どもの体験が親の心の豊かさへのアプローチにもなる。


今月、東京で参加した実践型の食育講座で感じた手応えは、
これからの私が、進む方向を確信するものでした。
それには、せっかく自然の環境に恵まれた仙台であればこそ、
現場との連携が必要になってくる。

またまた、
三浦くんに相談することいっぱいだわ!
[PR]
by atelier13 | 2009-08-26 16:08 | キッズ