リナロ、そしてキナリな時間

atelier13.exblog.jp
ブログトップ

アドバンス7回目♪

こんばんわ~^^アシスタントの嶋です003.gif003.gif
めっきり寒くなってきましたが皆様体調くずされていませんか?

私は暑すぎてやる気が起きなかった台所仕事がやっとやる気になってきました^m^食欲の秋ですもんね~

いつものごとく(^^;笑)遅い報告になりましたが、アドバンスコース7回目のアシスタントレポ♪お届けいたしま~すっ^^

c0190527_23324154.jpg

この日は月の満ち欠けや、二十四節季など暦のレクチャーレッスンでした(なのでご飯は味噌汁と玄米^^)
月の満ち欠けは約28日周期、私達女性の生理周期も28日周期。これには月の満ち欠けの際のエネルギーに大きく影響されているそうなんです!!おもしろい!
生理周期が乱れている人も月のサイクルを意識して食べ物を整えていくと身体のサイクルもバランスがとれています♪
満ちていく月の時、かけていく時の月の時の私達の身体の変化やその時に食べると良いものをしっかり学びました^-^

月には名前があるって知ってますか?

十五夜・十三夜・三日月などは聞いたことがあるとおもいますが、もっともっと細かく名前がついてるんです♪

上弦(じょうげん):新月から満月なる半月
十六夜(いざよい):陰歴16日の夜、またはその夜の月のこと。十五夜よりおよそ50分遅く、いざよい(ためらい)ながらのぼるためといわれている
居待月(いまちづき):陰暦18のちの月。座って待っているうちに月がのぼるところから居待月と呼ばれている

などなど沢山の名前がつけられています。その一つ一つが素敵な名前で月をめでた先人のロマンを感じます

暦(こよみ)についても学びました^^
二十四節気と七十二候
花鳥や虫、雷や虹、霞や雪、風や月などの自然・風物の姿から先人経ちは、季節・気候を知り、日々の暮らしに生かしてきました。それらのめぐりを暦に配したのが二十四節気と七十二候。
暦の中に四季の移ろいを感じるスイッチがあります。 (レクチャー資料より引用)
二十四節気は1年を24等分にして、その区切りに名前をつけたもの
立春や春分、立夏・夏至・秋分など、その季節になるとニュースやスーパーなどで耳や目にすることがあるかと思います!
七十二候は二十四節気の各節気をさらに3つの候に細分し、季節の移ろいを気象や食物の成長・行動などに託して表したものです^^
おもしろいですよね~
陰陽五行を学んだ時も先人達の努力や洞察力におどろきましたが、この授業でも、は~っとうなずきながらためいきがもれます。
時間の流れをとても早く感じる現代の私達にはこんなにも豊かに1年を感じる事はできなくなっていますね><
そんな忙しい毎日でも、月の満ち欠けや暦を知ることで、私達もちょっと落ち着いて季節の移ろいを感じてみるのもいいですね^^
[PR]
by atelier13 | 2010-09-29 00:03 | マクロビオティック